売上につながる原稿作成のポイント
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
メール原稿の作成ポイント
テキスト情報がメインのメールでは、得意先の親近感を得ること、
ポイントを分かりやすく伝えることが重要です。

ここまで原稿作成の基本ステップをお伝えしてきました。
ここからはメール原稿で気を付けておくべきポイントをお伝えします。

【第一判断は件名+差出人名】
メールの場合はいかにメールの本文を読んで頂くか、が重要になってきます。
差出人名と件名でいかに読み手に本文まで読み進めて頂くよう工夫をしましょう。

<差出人名>
社名や事務局名だけではなく、個人名まできちんと伝えると、読み手に安心感を与えます。

 ×:ネクス商店
 ○:ネクス商店 佐藤

<件名>
画一的なものではなく、読み手を読む気にさせる工夫が重要です。
また、件名を付ける際のある一定のルールを社内で検討しておきましょう。

 ×:【ネクス商店インフォメーション】vol3
 ○:【ネクスインフォ】ネクスポーツシューズ待望の新モデル発売!期間限定価格です!

件名ルール例
【社名・事務局名】 【製品ジャンル】 【メリット・キャッチ】


【本文は端的に詳細はWEBサイトor添付資料で】

メールの本文の書き方によって、読み手の離脱率が大幅に左右されます。
本文には、伝えたいポイントを目次化する。また詳細情報はWEBサイトまたは
添付資料にて対応するようにしましょう。

(原稿作成例)



売上につながる原稿はどれだけ読み手の気持ちになれるかどうか