振り返りで見ておくべき3つの指標
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
コンテンツのランキングでニーズを把握
コンテンツの閲覧状況を見る事で
ニーズを把握して、得意先にマッチしたコンテンツを提供
最後の指標は、「よく見られているコンテンツランキング」です。毎月、「よく見られているページ」と「よくダウンロードされているファイル」をランキング形式にしてチェックしましょう。

各ページ、各ファイルごとの閲覧回数、ダウンロード回数を取得できますので、

 ・どんな商品がよく見られているのか?
 ・よく見られた商品はどんな得意先が見ているのか?
 ・よく見られた理由は何か?
 
などを、関連する部署全体で把握していきましょう。これを繰り返す事によって得意先のニーズ理解が進み、得意先にとって役に立つコンテンツを提供できるようになります。

また、よく見られているコンテンツを営業にも共有する事によって、日々の提案活動にも活かしていきましょう。

愚直に改善策を積み重ねる