得意先からの信頼を獲得し、売上につなげるためのテーマサイト
~PDCAサイクルを回してサイト改善を実現~
振り返りで見ておくべき3つの指標
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
得意先向けの情報提供を行う上で、ツネミ様の事例(別ウィンドウでリンク)にもあるようにWEBを活用するケースが増えています。FAX等での情報提供と比較して、WEBサイトを活用すると様々なデータを取得する事ができます。

 ・どれくらいの得意先がWEBサイトを見てくれているか?
 ・月間に10回以上見てくれている得意先はどこか?
 ・Aという得意先がダウンロードしているファイルは何か?

など、得意先のニーズや動向を把握する上で非常に有用なデータを取得する事ができます。競合とサービスを差別化し、得意先との関係性を深めていく上で、データをうまく活用してPDCAサイクルを回していく事は非常に重要なポイントです。

今回は、PDCAサイクルを回していく上で重要になる3つの指標をご紹介いたします。

得意先の活用度を把握するには?