“営業×企画”の連携で大切なこと
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
まずは目的の目線合わせから
営業×企画の連携が必要な理由、施策の目的をしっかりと
目線合わせし、協力体制を整えましょう
営業×企画の連携で大切なことは、連携を行う体制を整えることです。
その為にまずは、営業担当・企画担当で施策の目的の目線合わせを行いましょう。

【進め方】
売上を上げるために、得意先全体の中で、どのゾーンを営業+しくみで注力するのかをセグメントし共有しましょう。
営業がフォローしきれない得意先にいくらしくみでフォローをしても、情報感度の低い得意先は注文には繋がりません。営業としくみで売上を作るべきターゲットゾーンはどこか?を明確にしましょう。


営業×企画の連携で注文を取るゾーンが定まったら、両者がいつ何を実行するかを共有しましょう。

連携は可視化と共有とフィードバック