得意先からの信頼を獲得し、売上につなげるためのテーマサイト
~相手任せでは売上は作れない~
“営業×企画”の連携で大切なこと
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
【情報配信は何の為に、誰の為に行うのか?】
得意先に日々お送りしている情報について、改めて考えてみましょう。

■何の為に=売上アップ(の為に自社の取り扱い商品を知ってもらいたい)

■誰の為に=①得意先(の信頼を獲得したい / がより販売に繋がる商品を仕入れて欲しい)
        ②営業マン(がフォローしきれない得意先に営業の代わりに情報を伝えたい)

全ては売上アップを目指したセールス活動を行う為に、人がやれるところは営業マンで、やりきれないところは、しくみだけで行っているのではないでしょうか。

しかし、しくみだけで行う部分は、それだけで完結できる(=注文が取れる)のでしょうか?

「企画担当が情報を送ってくれているから、得意先から注文が入るはず」
「情報を送っているから、営業マンが活用してくれるはず」

このように企画担当・営業担当共に、相手任せの施策では売上は作れません。
営業×企画の連携で売上を作るために大切なポイントをお伝えします。



まずは目的の目線合わせから