メールアドレス回収事例紹介 株式会社深谷産業様
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
得意先向けサイトリニューアルに伴い郵送DM告知を実施
メールアドレスを回収する目的を明確にしましょう
-深谷産業様についてご紹介ください。

(熊沢様)
国内・海外メーカーの自転車関連製品の卸業務を行っています。


-熊沢様のお仕事内容についてご紹介ください。

(熊沢様)
私は営業部で営業企画を担当しておりまして、お取引先販売店様に対する様々な提案を営業を通して行っております。
その一部として、お取引先販売店様向けの情報配信業務も任されております。


-NEXLINKは、どのようなシーンでご活用いただいていますか?

(熊沢様)
既存のお取引先販売店様向けに特化した、有益な情報を発信するサイト『 FUKAYA Information 』を、NEXLINKで構築しています。


-今回、郵送DM施策を実施した目的は何でしょうか?

(熊沢様)
目的は主に2つあります。

(1) サイトリニューアルをきっかけに、未ログイン者をログインへ導く
(2) メールアドレスを回収する (こちらが主目的)



-それぞれの目的を、もう少し詳しくお聞かせください。

(熊沢様)
NEXLINKで構築している「お得意先様向けサイト」を、今年の4月に大きくリニューアルしました。新商品情報やキャンペーン情報などの旬な情報を発信し、また、それらの情報が検索しやすくなりました。売り場作りの鍵となる「商品のPOP」も当サイトから簡単にダウンロードできるなど、有益な情報を数多く掲載しています。
旧来のサイトをご活用していない方にも、ぜひリニューアル後のサイトにログインして頂きたいと考えていました。

また、これらの情報を発信していくに際して、メールでのコミュニケーションを実施しています が、全てのお取得意先様のメールアドレスを回収できていないことが、大きな課題でした。 そのため、郵送DMを介しできるだけ多くのメールアドレスを回収したいと考えていました

ポイント① 受け手の気持ちを想定した原稿を作成へ