コミュニケーション設計の3ステップ
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
大事なのは得意先のニーズにマッチしている事
コンテンツの計画を設計する
コンテンツを洗い出し、優先順位を付ける
配信計画表でスムーズ運用
現状分析が終わったら、どのようなコンテンツをどのような頻度で提供していくかを、具体的に設計していきます。

【提供していくコンテンツの洗い出し】
最初に取り組む事は、提供していくコンテンツの洗い出しです。

 ・新商品情報
 ・在庫情報
 ・季節の提案チラシ
 ・POP


など、得意先インタビューで得た情報等を元にして、提供していくコンテンツの洗い出しを行いましょう。前ページでご紹介した得意先のニーズのリサーチが不十分だと、ニーズにマッチしたコンテンツを考え出す事ができません。しっかり取り組みましょう。

その上で、「得意先ニーズの強さ」と「作成するパワー」などの軸で優先順位を整理して、主で提供していくコンテンツのジャンルを固めます。WEBサイトを作成する場合は、ここで決めた方針を元にページ構成を固めていきます。

【配信計画表の作成】
コンテンツのジャンルが固まったら、計画的にコンテンツ提供を実施していく為に、配信計画表を作成しましょう

営業部、営業企画部、商品部などの関わる部門が共有で見ることができるようにして、2ヶ月先程度の配信日、配信対象、コンテンツを決めていきましょう。

配信計画表を作成する事で、営業はどのようなコンテンツが配信されるかを把握でき、得意先に案内し易くなります。運用を担当する営業企画部門でもスケジュールに従ってタスクを組み立てられるので、運用がスムーズに回ります。

最後に、目標を固める