“売り情報”と“信頼情報”は違う
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
信頼情報作成のポイントは店主の気持ちになる
得意先様の商売に役立つ「信頼情報」を作成するために、
店主の気持ちになって売れるためのポイントを洗い出しましょう。
得意先様の信頼を獲得し、中長期的な売上に繋げるために重要な情報が信頼情報
“○○社さんは他のメーカーさん・問屋さんよりよくやってくれているな“という
気持ちは、継続的に取引を続けていく重要なポイントです。

では、信頼情報とは何か?を考えてみましょう。
得意先様が商売をする上で必要になりそうな情報はどのようなものがあるでしょうか。

《接客時に役立つ情報》
■商品開発秘話、関連商品(パーツやアクセサリなど)、商品の使い方・活用法、購入者の声、売れ筋 など

《来店客からの質問を受けた時に役立つ情報》
■在庫情報、入荷時期、カラーバリエーション、価格、サポート情報 など

《お店作りに役立つ情報》
■店頭POP、店頭キャンペーン企画、ご案内チラシ、陳列事例、エリア別情報 など

得意先様が貴社の製品を店頭で販売する際に必要な情報源を信頼情報として
発信し、中長期の売上に繋げていきましょう。

自社の発信情報を分析してみましょう