2013年9月6日、大阪にてネクスウェイユーザー会を実施しました。その際、「得意先向けのコミュニケーションを改善し、売上につなげるには?」というテーマで、改善策を洗い出して議論を行いました。以下が、その際に付箋を使って洗い出した後の模造紙です。



小売店向けに情報を提供している読者の皆様にもヒントになるような内容が多かったので、今回ご紹介していきたいと思います。

やっぱり大事なのは、コンテンツ
多くの改善アイデアが出たのですが、一番多かったのはコンテンツの改善です。やはり得意先と円滑なコミュニケーションを実現するには、得意先のニーズに合ったコンテンツを作成する必要があるようです。以下に、主なものをまとめました。

「トラブルシューティングの内容を掲載する」などの打ち手は、「これならすぐできる!」とおっしゃるユーザーさんもいらっしゃり、各社できるところから始めていこうとしていらっしゃいました。読者の皆様の会社でも、「これは得意先に喜ばれそうだな」と感じる案があれば、是非実施してみて下さい。
配信の工夫によって、成果を出す
次にご紹介する改善策アイデアは、「配信の工夫」です。WEBサイトに情報をアップするだけでは、得意先が見に来てくれる事はありません。どうにかしてWEBサイトに来てもらう為の改善策が話し合われました。

どの会社さんでも「メールの配信回数と、得意先のサイトアクセス数はほぼ比例する」とおっしゃっていました。弊社が小売店さんのところにインタビューに行った際も「日々、スピードを意識して売場作りをしているので、いい情報が入ったらすぐに配信して欲しい。メールの多さは気にならない」と、店長さんが話していらっしゃいました。

得意先向けのコミュニケーションにおいては、通常のメルマガよりも頻度の高い配信が成功のキーになりそうです。
データを活用して効果アップ!
多くの改善アイデアが出たのですが、一番多かったのはコンテンツの改善です。やはり得意先と円滑なコミュニケーションを実現するには、得意先のニーズに合ったコンテンツを作成する必要があるようです。以下に、主なものをまとめました。

WEBサイトを使った情報提供を始めると、「WEBサイトを見ている店」と「WEBサイトを見ていない店」の2つのカテゴリに分ける事ができます。「WEBサイトを見ている店」と「WEBサイトを見ていない店」では、届ける事ができている情報に大きな格差があります。

「WEBサイトを見ている店」には、どんなWEBページを見ているかの詳細を把握し、得意先のニーズに合わせた提案をどんどん行っていきましょう。人とWEBをミックスさせて競合よりも一歩先を行くサービスを提供する事ができます。

「WEBサイトを見ていない店」は、営業が行った時に渡す資料や会話などでしか情報を提供できていない事になります。遠方だったりすると、年に数回の情報提供しかできなくなってしまいます。これでは、よほど幸運に恵まれない限り売上アップは難しいと言えるでしょう。営業によるサイト閲覧の促進、FAXによる情報提供などの補完する打ち手を実施する事で勝ちパターンにつなげていきましょう。
ここまで、弊社ユーザー会で洗い出しを行った改善策のアイデアをご紹介してきました。現場において日々試行錯誤していらっしゃる方々のアイデアなので、非常に具体性が高く効果が見込めそうなものも多いです。「自社でも取り組んでみよう」と感じたアイデアが一つでもあれば、是非実践してみて下さい。
資料請求
ツネミ様の成功事例へ
サイトトップへ